交通事故後の治療もお任せ下さい。

 

谷口鍼灸整骨院は交通事故専門治療院です。

多くの皆様に選ばれて交通事故実績地域No1

交通事故はいつご自身やご家族が巻き込まれるかは誰にも分らないことです。
交通事故は後遺症が残りやすいので、専門家による徹底的な治療が必要なのです。

“大したことはない” と思っていても、意外に重症である場合もあります。
軽いケガだと思って放っておくと後々痛みや痺れなどの症状が出てくることもあります。
倦怠感やだるさ、頭痛や吐き気、不眠症状などで悩まされる方が非常に多くみられます。


当院は専門的な知識を習得した国家資格保有者がおります。安心してご来院ください。

他院で治療されてもなかなか良くならない方や

加害者側の保険会社から整骨院に通院しないように言われた方や

加害者側の保険会社から通院をすぐに終わらせるように言われた方

加害者側の保険会社との交渉や治療費の申請についても

お困りのことなどございましたら谷口鍼灸整骨院が全面的にサポートします。

お気軽にご相談ください。

次のような方にお勧めです
1.むちうちで悩んでいる
2.事故直後は何ともなかったが後からつらくなってきた
3.手足のシビレがなかなか改善しない
4.頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気など
5.シップや痛み止め薬や現在他院で治療を受けているがなかなか良くならない

治療費について
どのくらい治療にお金がかかるのだろう?と不安に思われるかもしれませんが事故にあわれた方のほとんどの場合は、ご本人が負担される事はありません! 当院は交通事故専門治療院ですので治療だけではなく保険会社とのやりとりもフルサポートいたします。患者様が一日でも早く治るよう、また現場復帰出来るようお手伝いさせて頂きます。


■交通事故診療の流れ

交通事故の後遺症で最も大切な事は「早期治療」「完治治療」です。
原因や症状を的確に診断するために専門院での治療が必要です。
また、他の病院等にかかった後でも当院で治療を受ける事ができます。安心してご来院ください。
 
 

■事故証明書発行

まず警察と加害者の保険会社への連絡をして下さい。
被害者、ご自身も自動車保険等に加入している場合にはご自身の保険会社への連絡もお忘れなく。
他にも以下の情報を必ず控えておいて下さい。
・相手方の氏名と住所と連絡先 ・車の登録ナンバー
・任意保険の有無 ・自賠責証明書番号と保険会社名等
 

■診断書の発行


交通事故に遭われて怪我をしている場合、まずは専門医(総合病院や外科・整形外科など)を
受診し、レントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。診断書を発行してもらって下さい。
人身事故の場合は後日、診断書を警察に提出することになります。
また、事故後は症状が出ない方もいますが必ず当日のうちに受診しておいてください。
 
 

■当院での治療を連絡


加害者の保険会社やご加入の保険会社に、谷口鍼灸整骨院で治療する旨を伝えてくださるか、
直接当院にいらして当院から保険会社に連絡すればOKです。
 

■治療スタート


問診で事故状況を解る範囲でお伝えください。
患者様一人一人痛みの場所や症状を把握するために実際に症状の出ている箇所、
怪我の状態を触れて確認、検査します。
その内容を元に患者様と相談しながらそれぞれの治療のプログラムをを考えていきます。
 

交通事故と自賠責保険について

自賠責保険の手続きは少々複雑な箇所があります。
でも心配いりません。書類取得、提出などのアドバイスは
谷口鍼灸整骨院が責任をもってご相談に応じます。
 
自賠責保険とは
 
自賠責保険(自賠責自動車損害賠償責任保険)とは、国が交通事故被害者救済のために作った制度です。
一般的に行動を走る車やは、すべて加入が義務付けられた強制保険であります。
交通事故の被害者が泣き寝入りせず、最低限の保証を受けられるようにするのが目的です。
ただし、適用されるのは基本的に人身関係の事故のみで、物損事故に関しては支払い適応外となります。
具体的な慰謝料としては、傷害事故で1日につき4,200円です。
全体の限度額は120万円で、その枠内から状況を考慮し金額が決定されます。
施術期間の範囲内で慰謝料の対象となる日数が決定され、ここに被害者の負傷の程度と状態、
実際に施術に費やされた日数などの要素が考慮されて計算されます。
こうした手順を通して、最終的に保証金額が決定されます。
 
請求に必要な手続き
 
自賠責保険の目的は被害者を救済する事です。そのため免責が認められません。
ここが任意保険との大きな違いです。
保険金を請求できるのは被保険者だけですが、自賠責保険に関しては事故被害者が直接請求することを認めています。
請求に必要な書類
・保険金支払い請求書
・交通事故証明書
・事故状況発生証明書
・診断書
・診療報酬明細書
・休業損害証明書
・看護料領収書
・印鑑証明書
・委任状
・示談書
・後遺障害診断書
・被害者の除籍謄本
 

交通事故でよくある質問

 

 
Q 当て逃げ、ひき逃げなどの加害者側が不明の場合はどうなりますか?

A  国に補償事業制度があります。国が加害者の代わりに補償します。

Q 施術費を支払うのは誰になりますか?

A 保険会社です。加害者側の加入先になります。

Q 施術部位に制限はありますか?

A 制限はございません。負傷した箇所はすべて施術をうけることが出来ます。

Q 保険会社にそろそろ施術を終わらせてくれと言われましたが?

A 従う必要はありません。施術の進み具合や痛みの残りかたや症状の安定の仕方などで自分自身の意思で決定します。

保険会社に強制終了させる権限はありません。

Q 自賠責保険で病院と整骨院の両方でかかることはできますか?

A 可能です。実際に多くの方が谷口鍼灸整骨院と整形外科を併用されてます。

Q 現在通っている整骨院では症状が変わりません。谷口鍼灸整骨院に変更できますか?

A 可能です。医療機関の途中変更について問題はありません。

Q 「整骨院ではなく病院に通ってください」と保険会社が指定してきましたがどうすればいいですか?

A あくまで施術機関を決定するのはご本人様となります。

保険会社に決定する権利はありませんので、整骨院への通院を希望する旨を保険会社にご連絡いただければと思います。

Q 病院で異常なしとの診断が出てるのに、体の不調があります。どうすればよいでしょうか?

A 整形外科ではレントゲンなどの検査で特定できない症状はあります。

病院では完治しないケースもよくあります。

谷口鍼灸整骨院では病院ではどうしようもなかった症状も改善した例がよくあります。

お気軽にご相談ください。

Q 病院の整形外科と整骨院の違いを教えてください。

A 診断と治療内容が大きく異なります。病院では検査(レントゲンなど)・投薬(痛み止めなど)が認められてます。

整骨院では主に手技による施術対応になります。